成功報酬の難しいところは、もし、浮気調

成功報酬の難しいところは、もし、浮気調査の依頼したとすると、調査期間が3日間あったとしてその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければその調査は成功したということになってしまいます。
実際に浮気があったとしても、調査中に浮気が見つけられなかったら、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、専門的な調査は完了となり、成功報酬を請求されるのです。
探偵の場合には、怪しむ人のないように警戒を怠ることなく根気よく調べていきますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、興信所から来たことを明かして表立ってリサーチを行うようです。
そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と言っていいでしょう。
自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚してしまった場合、結婚生活を維持するかどうか決めかねますよね。それを避けるために、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、よく考えておくことが賢明です。
夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して離婚してしまうのも一つの案です。