事前に成功報酬と言われていても、

事前に成功報酬と言われていても、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、調査期間が3日間だったとして調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査に関しては成功ということになります。
実際には浮気していたとしても、3日の間に浮気が発覚しなければ、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、調査についてはそこで完了し、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。
例え、配偶者が浮気している場合でも別れたくなければ浮気現場を押さえようとすることはやらないほうが無難です。
浮気が発覚したことで相方が、ひどく感情的になってしまい、夫婦関係が修復不可能になるかもしれません。
その上、浮気相手との会話によってひどくイライラさせられてしまいます。
尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、費用が少なくなります。
よって、探偵に尾行依頼をするなら、日頃のパートナーの行動パターンをよく知っておくことが大切です。その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って追跡をお願いすると、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ、どちらにもメリットがあります。