興信所と探偵事務所の違うところですが、これと言

興信所と探偵事務所の違うところですが、これと言って無いと言ってもいいかもしれません。共に、浮気調査から身辺調査、似たような仕事をしています。
しかし、どちらかを選ぶとしたら傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、個人は探偵に頼るようです。着るものが今までと違った系統になってきたら、怪しい兆候です。
浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。
突然に本人よりも若い年代の人のカラー・デザインの服装を選択するようになってきたら、非常に危険です。
その時、お洒落な下着を着用しだしたら、浮気の可能性もかなり高いです。
不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は少なくなります。それに、不倫した相手が不倫を認めない時には証拠が必要になります。
どの人からみても明らかな不倫の証拠が必要です。
ご自身での浮気調査がオススメできない理由は逆上してしまうおそれがあります。どんな人でも、いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと逆上してしまったという例が発生することも多いのです。スムーズに物事を進めるためにも証拠を掴む可能性を高めるためにも、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。地図上の場所がわかる機械を用いて、良く通っている地域の情報を得て、良く見える場所で観察し続けると、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、不埒な行為を押さえることができるでしょう。
あまり予算が無い場合には、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、試してみたいやり方です。
GPS装置がつけられていることがわかってしまう事もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です