ご主人の浮気相手の家などに乗

ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行ってとんでもない修羅場になってしまうのは、ドラマのシナリオでもお馴染です。ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、殺人にまで到ってしまうプロットもサスペンスにはありがちです。
配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのも1つの方法でしょう。
離婚まで覚悟しているならば、取っていい行動といえるかもしれないです。
実際、もう離婚になってもいい、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。
しかし、単独で行くのは、揉め事を大きくする可能性があるので、止めておきましょう。
信頼している人を連れて行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。あなたが信頼できる方がいない場合、探偵等に頼むことをお勧めします。
GPSが繋がるものを使って、良く通っている地域の情報を得て、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、必ず相手はやってくるはずなので、その実態を把握することは可能です。
懐具合が心もとないときには、GPSで調べるだけでも、様々なやり方の選択肢の一つです。ただし、その装置を仕込んだことが知られてしまう事があります。
成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、最終的に成功した調査でないと報酬が得られないという不安があるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。
そのようなこともありますので、成功報酬だからということで、浮気調査にかかる費用が安く抑えられるとは限りません。
どこまで調査してもらえるのか調査内容などもよく確認して、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼した方が満足できるのではないでしょうか。法律の上で、結婚した人が自分から夫婦ではない異性と性的に親密になることを不倫とよびます。
すなわち、法律の上では、男女関係に発展していなかったら食事や遊びに行ったとしても、不倫ではないのです。自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です